新着記事

授乳中ママの食事

【体がだるいと感じる方向け】授乳期にタンパク質が必要な理由と手軽に摂る方法

産後の体力が回復しない、体がだるいといった悩みを抱えているお母さんは多いです。授乳期に起こるこれらの症状は、タンパク質の不足により起こっている場合があります。なぜ授乳期にタンパク質が必要なのか理由と簡単な対処法を紹介します。
プレママの食事

妊娠期・授乳期は貧血になりやすい?鉄分不足の影響と対策方法

妊娠中や授乳中の女性は、いろいろな体調不良が起こりやすい時期で、特に注意したいのが鉄分不足からくる貧血です。妊娠中から授乳期まで鉄分不足で起こる影響と貧血を解消するおすすめ食材を紹介しています。
活用法

離乳食を噛まずに丸のみ?原因と4つの直し方

離乳食が進み、離乳食中期(7~8ヶ月頃)になると、増えるのが噛まない・丸のみといった悩みです。離乳食を噛まずに食べていると心配になりますよね。赤ちゃんが離乳食を噛まない原因と丸のみの直し方を4つご紹介しています。
離乳食の準備

離乳食を与えない場合の影響と対策法

多くの離乳食の本では、生後6ヶ月頃から離乳食スタートを進めています。では、離乳食の開始時期を遅らせることによって起きる赤ちゃんへどのような影響があるのかまとめました。これから離乳食を始める方は、離乳食の進め方の参考にして下さい。
離乳食の準備

離乳食で育ててあげられる赤ちゃんの感覚

離乳食は栄養補給だけではなく、離乳食で育ててあげられる赤ちゃんの感覚があります。とくに離乳食中期以降は、ハイハイを始めたり動きが活発になる時期です。離乳食を通して、赤ちゃんはどのような感覚を学んでいるのか解説しています。
活用法

離乳食はベビーフードだけでもOK?進め方と注意点

赤ちゃんをベビーフードのみで育てることに悩む保護者の方は少なくありません。ベビーフードのみで育てても大丈夫ですが、赤ちゃんが大きくなるにつれて注意したいポイントがあります。ベビーフードだけで育てるときの進め方と注意点、影響について説明します。
離乳食の準備

離乳食と内臓の成長

離乳食の進め方と赤ちゃんの内臓の成長は、深い関わりがあります。人間が食事を分解し、吸収するためには、体内で作り出される消化酵素の働きが必要です。消化酵素の働きと離乳食への影響を含めた離乳食の進め方について説明します。
活用法

【大事なエネルギー源】赤ちゃんに食べさせるおやつ

赤ちゃんに食べさせるおやつは、大事なエネルギー源のひとつです。赤ちゃんのおやつが必要な理由や、何をおやつとして食べさせたら良いのかを解説しています。悩んでいるパパやママはおやつのことを知って、赤ちゃんの成長の手助けをしてあげましょう。
活用法

【離乳食中期からの悩み】余った粉ミルクの活用法

粉ミルクは赤ちゃんに必要な栄養がたくさん含まれていて安心な食品ですが、離乳食が進むにつれて手元にある粉ミルクが余ってしまうことがあります。余った粉ミルクの活用法とレシピをお伝えします。
活用法

離乳食で鉄分を食べさせよう!ポイントとおすすめレシピ

離乳食で鉄分補給に悩まれている方は多いです。赤ちゃんの鉄分は6ヶ月頃から不足し、補給を十分にしないと貧血になることがあります。赤ちゃんの鉄分が不足する原因、離乳食で鉄分を上手に摂るための3つのポイントとおすすめの離乳食レシピを紹介します。
初期(5ヶ月~6ヶ月)のレシピ

【離乳食初期】初めてのたまごと野菜

じゃがいもを使ったマイルドな口当たりの離乳食です。野菜のほのかな甘さと卵のコクが癖になるので、初めて卵を食べる赤ちゃんにもおすすめのレシピです。
2021.06.11
後期(9ヶ月~11ヶ月)のレシピ

【離乳食後期】ちいさな親子丼

鶏ひき肉とトマトを使った親子丼レシピです。野菜の甘みでトマトの酸味がやわらぐので、トマトが苦手なお子さんにもおすすめの離乳食です。
2021.06.09
タイトルとURLをコピーしました