【離乳食後期】納豆とろりんスープ

納豆とろりんスープの写真後期(9ヶ月~11ヶ月)のレシピ
後期(9ヶ月~11ヶ月)のレシピ

食物繊維が豊富なので、お子様の便秘対策におすすめの離乳食です。
納豆のとろみの口当たり良く、クセになるレシピです。

納豆とろりんスープの材料

材料名
人参5g
ブロッコリー5g
100~120cc
さといも5g
さつまいも5g
ツナ(水煮缶)5g
みそ0.5g
まるごと納豆5g

納豆とろりんスープの作り方

  1. 人参、ブロッコリーをあらみじん切りにする。
  2. 鍋に水、さつまいも、さといもと1.を入れ一緒に煮る。
  3. 鍋からさつまいもとさといもを取り出し、スプーンの背でつぶしてから鍋に戻す。
  4. 3.にツナ、みそ、まるごと納豆を入れ、さらにひと煮立ちさせて完成!

栄養・調理のアドバイス

納豆好きにはおすすめの一品です。

出汁がなくても、ツナと納豆で味がつきます。

さつまいもとさといもは、レンジ(500w)で1分~1分30秒ほど加熱し、つぶしてから鍋に入れてもOKです。

みそと納豆で善玉菌を取り入れ、その栄養源である野菜類といも類も同時に摂れるレシピです。
お子様の腸内環境を整えてくれるので、便秘や下痢げりの解消が期待できます。

レシピ監修 管理栄養士

荘子恵子

管理栄養士資格取得後、自治体の職員向け健康管理業務を担い、特定保健指導に従事する。半年で10kg減量者を多数輩出。その後は子育てを経て、行政の臨時管理栄養士として約3年、離乳食教室や乳幼児健診等で指導を行う。

株式会社 eat Link ホームページ

タイトルとURLをコピーしました