【離乳食後期】ちいさな親子丼

ちいさな親子丼の写真後期(9ヶ月~11ヶ月)のレシピ
後期(9ヶ月~11ヶ月)のレシピ

鶏ひき肉とトマトを使った親子丼レシピです。野菜の甘みでトマトの酸味がやわらぐので、トマトが苦手なお子さんにもおすすめの離乳食です。

ちいさな親子丼の材料

材料名
人参5g
トマト5g
玉ねぎ15g
小松菜5g
鶏ひき肉10g
1カップ(180㏄)
砂糖1g
まるごと青魚0.5g
全卵1/2個

ちいさな親子丼の作り方

  1. 人参は皮をむき、レンジ(500w)で30秒ほど加熱しておく。
  2. トマトは皮と種を除き、あらみじん切りにする。
  3. 玉ねぎ、小松菜も粗みじん切りに刻む。
  4. 鍋に鶏ひき肉と水(材料外)を入れ、鶏ひき肉をでる。
  5. 4.のゆで汁を捨て、鍋に1.~3.と、水、砂糖、まるごと青魚を入れ、中火で3分~5分煮込む。
  6. 全体が柔らかくなったら弱火にし、溶いた全卵を回し入れる。沸騰させて1~2分煮込んで完成。

栄養・調理のアドバイス

離乳食の後期は大人が食べるメニューを取り入れやすい時期なので、なるべくメニューを増やしていきましょう。
親子丼なので、おかゆと一緒に食べるのがおすすめです。

鶏ひき肉は脂が多いので、一度茹でておきましょう。
火を通すと固くなるので、鍋の中で細かくした方が食べやすくなります。

トマトの酸味で甘さを引き立てるので、トマトが苦手なお子様でも食べられます。

レシピの監修 管理栄養士

荘子恵子

管理栄養士資格取得後、自治体の職員向け健康管理業務を担い、特定保健指導に従事する。半年で10kg減量者を多数輩出。その後は子育てを経て、行政の臨時管理栄養士として約3年、離乳食教室や乳幼児健診等で指導を行う。

株式会社 eat Link ホームページ

タイトルとURLをコピーしました